Gizport
3 回答
0
Share (facebook)
830
view
故障・エラー

フーガハイブリッドについて質問

FUGA VIP ハイブリッドを平成25年3月末に新車購入。約1500KM走行後・1ヶ月後に右折・左折時の低速走行時に、ステアリングが勝手に、右左へと暴れだす現象が起こった。あまりにも怖くて、日産に連絡すると、即販売店に持ち帰ったが、コンピューターには異常結果が出ていないとの連絡あり。その後、2か月後に再度2回も同じ言現象があり、納得がいかないと日産に報告すると、本社技術が来て調査のため2週間車を持ち帰った。その後、全国的に電磁式パワステに問題があるので、交換しますと連絡あり、交換された。しかし、その後も大きな暴れはないものの、いまだ微妙に暴れる感じは取れない。ハンドリングに不安を感じては、とても運転に集中できないままです。やはり日産車は品質的に、技術的にも2級品か?不具合・クレーム・代車に対して、まったく誠意は感じられず、納得いきません。今現在走行距離4500㎞、トヨタ社ならこんな対応はないのでしょう。みなさんどう思いますか?
Guest 2167日前
コメントする
お気に入り

参考になったと評価
  このQ&Aは参考になりましたか?

Share (facebook)
回答 (3)
0
私であれば、乗り換えます。
危険があるものをずっと乗っていることはないと思います。
対応については各ディーラーそれぞれだと思います。

一緒に同乗されて、再現はされましたか?
Yahoo!知恵袋 2167日前
シェア
 
コメントする
 
0
ステアリングに関連する部品で不具合があり、全国的な問題、という事になるとリコールになる可能性が高いと思います。しかしフーガのリコールは最近出ていませんし、リコールまでは行かないまでも処置をしなければならないというサービスキャンペーンもフーガは出ていません。
もしどうしても気になる、と言うのであれば買い替えた方が良いと思います。自分の安全を守るものですから。運転に集中できず、それが自分の意にそぐわないのであればなおさらです。
トヨタならどうか? と言う件は、トヨタに限らずどこも同じようなもので、デューラーによっての当たり外れがあるようです。日産は逆に市場で発生した不具合に対しては迅速な対応を取る事がアメリカで認められ、アメリカの自動車メーカーとアメリカの運輸省にあたる省庁が、日産の開発部門に来て見学をしていった、というニュースが出ていたのを見た事があります。
例えば車両の直進性などはトヨタより日産の方がずーっと良いように私は思っています。トヨタはどうもまっすぐ走っていかないので、常にステアリングにカウンターを当てていなければならないので、高速道路での運転では疲れが大きいです。
Yahoo!知恵袋 2167日前
シェア
 
コメントする
 
0
同じく、フガハイVIP乗りです。
私のは、昨年末納車で、現走行距離5000kmちょいです。

質問の案件ですが、私のはそのような症状はまったくないです。
フガハイによく見受けられる、高速時の直進安定性の悪さはありますが、
ステアリング云々は、感じた事がないです。
(ちなみに、直安の悪さは、社外ショックで随分改善されるようです)

私が購入時にディーラーにて聞いた内容になりますが、
ステアリングに影響を与えそうなLDP(車線逸脱防止支援システム)でさえ、
ステア操作ではなく、ブレーキ制御で修正するとのことでしたので、
本当に、電磁式パワステだけの問題なのか?と思います。
診断で異常がないとなると、他にも物理的要素が絡んでるよう気もしますが・・・

また、ディーラーでの対応の差もあるかと思いますが、
私自身も、メーカー対応には、正直疑問の念を抱いてます。

私の場合、ディーラーオプションで取り付けたセキュリティーの取り付けミスがあり、
納車直後から、不具合連発・・・
で、納車日早々、ディーラーに駆け込む。

結果、人為的ミスによる配線ミスが原因でしたが、
その間約1ヶ月、入庫回数数回掛かり、ディーラーはメーカーに相談するも、
メーカーからは、人為的ミスがないと証明されるまで、部品交換はなし。
その前に、技術センターに車両を送ってからの対応になるとのこと。
人為的ミスとはいえ、部品交換→再取り付けすれば、もっと早く解決したのでは?
という疑問を抱くも、直ったので良しとしてます。

自身、元々はトヨタ党ということもあり、日産車は初めての購入でしたが、
トヨタの時は、ディーラーにも結構良くして貰ってました。
(現日産ディーラーも対応は良いと思います)
ただ、トヨタであれ日産であれ、ディーラー対応の差はあるかと思います。
Yahoo!知恵袋 2164日前
シェア
 
コメントする
 
その他の解決方法を知っていますか?
* 回答期限が過ぎていても投票によってあなたの回答がベストソリューションになるかもしれません
回答する
全般
591
Views
質問者が納得ハイブリットのセダンで10・15モード燃費ならこうなるはずです SAI 23.0km/l レクサスHS250h 23.0km/l フーガハイブリット 19.0km/l クラウンハイブリット 15.8km/l レクサスGS450h 14.2km/l レクサスLS600h 12.2km/l
2842日前view591
全般
376
Views
質問者が納得日産ディーラーにて注文できます。その後ディーラーに日産部品という会社から納品されるので、それを受け取ります。 フォレスターには残念ながらマッチングしません。
2894日前view376
全般
850
Views
質問者が納得一番楽しいのは,フーガハイブリッドです。では,少し詳しく説明いたします。 ●燃費 (10-15モード燃費) フーガHV(ハイブリッド)=19.0km/L クラウンHV=15.8km/L レクサスGS450h=14.2km/L ●EV走行モード フーガHV = 約140km/hまで クラウンHV,レクサスGS450h = 約60km/hまで ●モータ出力 フーガHV = 50kW (約68馬力) クラウンHV,レクサスGS450h = 147kW (約200馬力) ●重量 (ベース車に比較して) フー...
2887日前view850
全般
211
Views
質問者が納得>最新の日産フーガハイブリッドとトヨタプリウスのハイブリッドシステムは違うと聞きました。 はい、その通りです。 プリウスに代表されるトヨタのハイブリッドシステム(THSⅡ)は、「シリーズ・パラレル方式」もしくは「スプリット方式」と呼ばれるものです。 一方、フーガHVに採用されたのは、「パラレル方式」と呼ばれるものです。 システムの概要については、こちらで回答していますので、よろしければ参考にしてください。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_de...
3052日前view211
全般
232
Views
質問者が納得他の方の回答にもあるように、フーガHVのハイブリッドシステムは、トヨタから技術供与を受けたものではありません。 日産が北米専用モデルとして販売しているアルティマHVのハイブリッドシステム(エンジンは日産製)は、トヨタのカムリHV、SAI、レクサスHS250と同様のものを使っています。 ・トヨタ方式(THSⅡ) シリーズ・パラレル方式またはスプリット(動力分割)方式と呼ばれるもの。 エンジンからの動力を動力分割機構により分割(スプリット)し、発電機と駆動軸に振り分ける。 現在市販されているトヨタのHVは、す...
3059日前view232

取扱説明書・マニュアル

1711view
http://www.nissan.co.jp/.../manual_t00um1mg2a-all.pdf
もっと見る

関連製品のQ&A