Gizport
1 回答
0
Share (facebook)
1064
view
全般

マッキントッシュのプリメインユーザーに質問です 今度MA6900の中...

マッキントッシュのプリメインユーザーに質問です 今度MA6900の中古かMA6300を購入しようと思うのですが
過去のモデルを試聴したくても、なかなかできる店がありません。
mcintoshの歴代のモデルでお勧めはありますか?
また試聴したほうがいいスピーカーやCDプレイヤーを教えて欲しいです。

また複数台所有していた方、現行との音の違いがわかれば教えていただけると
とてもうれしいです。
Yahoo!知恵袋 4447日前
コメントする
お気に入り
0
質問者が選んだベストソリューション
大雑把に分けるとマッキントッシュのアンプは3世代に分けることができます。
まず、第1世代はいわずと知れたマッキントッシュをこの世に知らしめた初期の真空管アンプです。
その次にソリッドステートの時代にはいりますが、C29辺りまでの先代の真空管の時代の
音を意識した商品つくりの時代が第2世代、その後CDなどのデジタルソースを意識した
時代のものが第3世代となります。
第1世代と第2世代は増幅方式の違いが有りますが、JBLやALTECなどのホーン型の
スピーカーと組み合わせてJAZZを演奏すると一種独特の雰囲気をもったアンプです。
第3世代からはデジタルソースへの対応とSP技術の進歩に合わせるべく、非常にナチュラルで
フラットな音つくりの方向へ進んできています。
その中でマッキントッシュのプリメインアンプは1シリーズ前のプリアンプとパワーアンプを組み
合わせて一体化した商品つくりとなっています。
マッキントッシュの場合はその時代の製品や技術を色濃く反映した製品なので、基本的には
発売時期と同時期のSPと組み合わせるのがベストです。当然、異なる時期のものを組み合わせて
も何ら問題はありませんが、この場合は実際に試聴して決めるべきでしょう。

オーディオの常道として、基本はアンプにSPを合わせるのではなく、使用するSPにあるいは
鳴らしたいSPにアンプを合わせる方が結果として満足を得やすいようです。
ですから、まず、このSPで音楽を聴きたいというSPをお決めになってから、組み合わせるアンプを
決められた方が良いと考えます。当然、その場合はマッキントッシュという選択はなくなるかも
しれませんね。

ちなみに、第3世代の初期のもの(C40くらいまで)まではJBLと組み合わせれば、まず間違いは
無かったですね。それ以降のものは、B&Wも結構合うようです。あるいは小型のSPとの
組み合わせも良いようです。

なお、
http://www.mcintoshlabs.jp/products/endmodel/index.html
このページにマッキントッシュの歴代の製品が載っていますのでご参考まで。



ご参考まで
Yahoo!知恵袋
シェア
 
コメントする
 

参考になったと評価
  このQ&Aは参考になりましたか?

Share (facebook)
その他の解決方法を知っていますか?
回答する
全般
422
Views
質問者が納得試聴だけですが、聴かせて貰ったことがあります。その時は、プリアンプにC-2410、パワーアンプがP-6100でした。CDプレーヤーは、そこのリファレンスで使っている、DCD-S10IIILです。このクラスのアンプでも対抗できるくらいの音を出します。スタンドもB&Wの純正品です。手伝って、アキュフェーズのプリメインアンプE-460にしてみました。 お店の人によるとアンプ次第で鳴る、アンプを選ぶスピーカーで、モニター調だということでした。さすがに。こちらの体力も落ちてきたのですが、LX-38でもそのアン...
2654日前view422
全般
151
Views
質問者が納得トランジスタープリアンプ、これだけではスピーカーを鳴らせない。
2970日前view151
全般
201
Views
質問者が納得お気に入りのスピーカーとの出会いは良かったですね。 なにか、ビビッ!っと来たのでしょうね。 マッキンの選択は悪くありませんが・・・・ 音場型のアンプですから、生生しさ(モニター調)を求めるとちょっと違うと思います。 マッキンはふくよかな音作りで濃口、楽しく聴くには良い製品ですが・・・ 声などにはピッタシ! それに比較すると、アキュの選択の方がよろしいかと・・・ P-はパワーアンプですから、プリが必要ですよね。 味気無いと言われるのがアキュの欠点かもしれませんが、【何も足さない!何も引かない!】がアキュ...
3039日前view201
全般
603
Views
質問者が納得大雑把に分けるとマッキントッシュのアンプは3世代に分けることができます。 まず、第1世代はいわずと知れたマッキントッシュをこの世に知らしめた初期の真空管アンプです。 その次にソリッドステートの時代にはいりますが、C29辺りまでの先代の真空管の時代の 音を意識した商品つくりの時代が第2世代、その後CDなどのデジタルソースを意識した 時代のものが第3世代となります。 第1世代と第2世代は増幅方式の違いが有りますが、JBLやALTECなどのホーン型の スピーカーと組み合わせてJAZZを演奏すると一種独特の雰囲気を...
4447日前view603

取扱説明書・マニュアル

関連製品のQ&A