Gizport

ソニー その他プレーヤー・レシーバーの取扱説明書・マニュアル [全36ページ 2.63MB]

12
41562470M-JP.pdf
Gizbot 2013-08-17
http://www.sony.jp/.../41562470M-JP.pdf - 2.63MB - キャッシュ
24190view
36page / 2.63MB
Share (facebook)
33 / 36 ページ
 
33 / 36 ページ
ファイルを開く
現在のページURL
DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)33保証書とアフターサービス保証書 この製品には保証書が添付されていますので、お買い上げの際お受け取りください。 所定事項の記入および記載内容をお確かめのうえ、大切に保存してください。 保証期間は、お買い上げ日より1年間です。アフターサービス調子が悪いときはまずチェックをこの説明書をもう一 度ご覧になってお調べください。それでも具合の悪いときはお買い上げ店またはソニーの相談窓口(裏表紙)にご相談ください。保証期間中の修理は保証書の記載内容に基づいて修理させていただきます。詳しくは保証書をご覧ください。保証期間経過後の修理は修理によって機能が維持できる場合は、ご要望により有料修理させていただきます。部品の保有期間について当社ではワイヤレスオーディオレシーバーの補修用性能部品(製品の機能を維持するために必要な部品)を、製造打ち切り後6年間保有しています。この部品保有期間を修理可能期間とさせていただきます。保有期間が経過したあとも、故障箇所によっては修理可能の場合がありますので、お買い上げ店またはソニーの相談窓口(裏表紙)にご相談ください。

参考になったと評価
  26人が参考になったと評価しています。

このマニュアルの目次

  • 1 .
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4...
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-02(1)お買い上げいただきありがとうございます。電気製品は安全のための注意事項を守らないと、火災や人身事故になることがあります。この取扱説明書には、事故を防ぐための重要な注意事項と製品の取り扱いかたを示しています。この取扱説明書をよくお読みのうえ、製品を安全にお使いください。お読みになったあとは、いつでも見られるところに必ず保管してください。4-156-247- 02 (1)©2009 Sony Corporation Print...
  • 2 .
    2 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)2安 全 の た め にソニー製品は安全に充分配慮して設計されています。しかし、電気製品はすべて、まちがった使いかたをすると、火災や感電などにより人身事故になることがあり危険です。事故を防ぐために次のことを必ずお守りください。安全のための注意事項を守るこの「安全のために」の注意事項をよくお読みください。定期的に点検する1年に一 度は、ほこりがたまっていないか、故障したまま使用していないか、などを点検してください。故障したら使わな...
  • 3 .
    3 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)3目次Bluetooth無線技術について ................................................................10こんなことができます ............................................................................11Bluetooth機器基本操作の流れ .........................
  • 4 .
    4 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)4付属以外のUSBケーブルを使わない充電するときは、必ず付属のUSBケーブルを使用してください。破裂や電池の液漏れ、過熱などにより、火災やけが、周囲の汚損の原因となります。推奨以外のUSB充電AC電源アダプターを使わないUSB充電AC電源アダプターを用いて充電するときは、必ず推奨のAC-U50AD( 別売)もしくはAC-U501AD( 別売)を使用してください。火の中に入れない分解しない故障や感電の原因となります。充電式電池の交換...
  • 5 .
    5 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)5下記の注意事項を守らないと火災・感電・発熱・発火によりやけどや大けがの原因となります。道路交通法に従って安全運転する運転者は道路交通法に従う義務があります。前方注意をおこたるなど、安全運転に反する行為は違法であり、事故やけがの原因となります。 運転中は本機および携帯電話を使用しない。 運転中に携帯電話の画面を注視しない。 運転中以外でも、踏切や駅のホーム、車の通る道、工事現場など、周囲の音が聞こえないと危険な場所では本機を...
  • 6 .
    6 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)6大音量で長時間続けて聞きすぎない 耳を刺激するような大きな音量で長時間続けて聞くと、聴力に悪い影響を与えることがあります。耳を守るため、音量を上げすぎないようにご注意ください。 本機につないでいるBluetooth機器によっては、通話時にハウリング現象がおきることがありますので、常に適度な音量を保つようにしてください。はじめから音量を上げすぎない突然大きな音が出て耳をいためることがあります。音量は徐々に上げましょう。通電中の製...
  • 7 .
    7 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)7本機を航空機内で使わない電波が影響を及ぼし、誤動作による事故の原因となるおそれがあります。本機を医療機器の近くで使わない電波が心臓ペースメーカーや医療用電気機器に影響を与えるおそれがあります。満員電車などの混雑した場所や医療機関の屋内では使わないでください。本機を心臓ペースメーカーの装着部位から22 cm以上離す電波によりペースメーカーの動作に影響を与えるおそれがあります。本機を自動ドア、火災報知器などの自動制御機器の近くでは使...
  • 8 .
    8 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)8電 池についての安 全上のご注 意液漏れ・破裂・発熱・発火・誤飲による大けがや失明を避けるため、下記の注意事項を必ずお守りください。 充電式電池が液漏れしたとき充電式電池の液が漏れたときは素手で液をさわらない液が本体内部に残ることがあるため、ソニーの相談窓口( 裏表紙)またはソニーサービス窓口にご相談ください。液が目に入ったときは、失明の原因になることがあるので目をこすらず、すぐに水道水などのきれいな水で充分洗い、ただちに医師の...
  • 9 .
    9 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)9Bluetooth機器について機器認定について本機は、電波法に基づく小電力データ通信システムの無線設備として、認証を受けています。従って、本機を使用するときに無線局の免許は必要ありません。ただし、以下の事項を行うと法律に罰せられることがあります。 本機を分解/改造すること 本機に貼ってある証明ラベルをはがすこと周波数について本機は2.4 GHz帯の2.4000 GHzから2.4835 GHzまで使用できますが、他の無線機器も...
  • 10 .
    10 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)10Bluetooth無線技術についてBブ ル ー ト ゥ ー スluetooth®無線技術は、パソコンやデジタルカメラなどのデジタル機器同士で通信を行うための近距離無線技術です。およそ10 m程度までの距離で通信を行うことができます。必要に応じて2つの機器をつなげて使うのが一 般的な使い方ですが、1つの機器に同時に複数の機器をつなげて使うこともあります。無線技術によってUSBのように機器同士をケーブルでつなぐ必要はなく、また、赤...
  • 11 .
    11 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)11こんなことができます本機は、Bluetooth無線技術を利用したワイヤレスオーディオレシーバーです。 Bluetooth対応音楽プレーヤー(携帯電話、デジタルミュージックプレーヤー、Bluetoothトランスミッターを接続したデジタルミュージックプレーヤーなど)*1の音楽をワイヤレスで楽しむことができます。 携帯電話やポータブルオーディオなどに付属のヘッドホンや、お手持ちのヘッドホンがご使用頂けます。*2(ヘッドホンは別売...
  • 12 .
    12 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)12V音楽を聞くV通話するVVBluetooth機器基本操作の流れペアリングする音楽送信に対応したBluetooth機器と本機を、接続相手として登録します。一 度ペアリングすれば、次回からペアリングする必要はありません。Bluetooth対応携帯電話などペアリングワイヤレス オーディオレシーバー16~17ページBluetooth接続するBluetooth機器を操作して、Bluetooth接続します。接続A2DP AVRCP20...
  • 13 .
    13 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)13準備各部のなまえと働き Rリ セ ッ トESETボタン USB()端子 Pペ ア リ ン グAIRINGボタン ランプ(青)(赤)本機の通信状態(青)・電源状態(赤)を表示します。 ヘッドホン端子 ストラップホール クリップ Pパ ワ ーOWER(電源)ボタン マルチファンクションボタン本機で通話するとき、さまざまな機能を操作します。 ジョグスイッチ*本機で音楽を聞くとき、さまざまな機能を操作します。...
  • 14 .
    14 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-02(1)14本機を充電する本機はリチウムイオン充電式電池を内蔵しています。充電してからお使いください。1 本機のUSB()端子についているふたを開ける。2 本機を付属のUSB()ケーブルと接続し、もう一 方のプラグを、パソコンとつなぐ。本機に接続するUSBケーブルのコネクタは、を下にして差し込みます。本機とパソコンをつなぐと充電が始まります。本機のランプ(赤)が、点灯していることを確認してください。充電は、約2.5時間*で完了し、ラ...
  • 15 .
    15 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)15警告本機は以下の原因などにより、充電中に異常を検知すると、充電が完了していなくてもランプ(赤)が消灯することがあります。– 動作保証温度範囲(0 ℃~40 ℃)を超える場合– 充電式電池に問題がある場合この場合、もう一 度上記の温度範囲で充電を行ってください。それでも問題が解決しない場合は、ソニーの相談窓口(裏表紙)にご相談ください。ご注意 長い間使わなかったときは、充電式電池の持続時間が短くなることがあります。何回か充放電...
  • 16 .
    16 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-02(1)16ペアリングするペアリングとはBluetooth機器では、あらかじめ、接続しようとする機器を登録しておく必要があります。この登録のことをペアリングといいます。一 度ペアリングすれば、再びペアリングする必要はありませんが、以下の場合は再度ペアリングが必要です。 修理を行ったなど、ペアリング情報が消去されてしまったとき。 9台以上の機器をペアリングしようとしたとき。 本機は8台までの機器をペアリングすることができます。8台分をペ...
  • 17 .
    17 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)173 相手側Bluetooth機器でペアリング操作を行い、本機を検索する。相手側Bluetooth機器の画面に、検出した機器の一 覧が表示されます。本機は「DRC-BT30」と表示されます。「DRC-BT30」と画面に表示されない場合は、もう一 度手順1から操作を行ってください。ご注意 相手側Bluetooth機器の操作については、お使いの機器に付属の取扱説明書をご覧ください。 検出した機器の一 覧が表示できないBlueto...
  • 18 .
    18 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)18本機を装着する1 本機にヘッドホン(別売)を取り付ける。2 クリップで本機を衣類のポケットなどに取り付け、ヘッドホンを装着する。ヘッドホンは  表示のあるほうを左耳に、 表示のあるほうを右耳にして、装着してください。 ヒントストラップホールにお手持ちのストラップ(別売)を取り付けることができます。
  • 19 .
    19 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)19Bluetooth機能のランプ表示 :ランプ(青) :ランプ(赤)状態 点滅パターンペアリング機器検索中   - - - - - - - -⋯   - - - - - - - - ⋯接続動作接続待ち   -- -- -- -- -- ⋯   -接続動作中   - - - - -⋯   -接続済みHFP/HSPまたはA2DPの接続(非通話時または非音楽再生時)   --------- -----⋯   -HF...
  • 20 .
    20 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)20操作音楽を聞くジョグスイッチPOWERボタン本機はSCMS-T方式のコンテンツ保護に対応しています。SCMS-T方式対応の携帯電話やワンセグTVなどの音楽(または音声)を、本機で聞くことができます。機器の操作をはじめる前に、以下の点をご確認ください。– 送信側Bluetooth機器の電源が入っている。– 本機と送信側Bluetooth機器のペアリングが完了している。– 送信側Bluetooth機器が音楽送信機能に対応している(...
  • 21 .
    21 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)21次のページにつづく音量を調節するには音楽を再生しているときに、ジョグスイッチを上または下へ動かして音量を調節します。 ヒント 送信側Bluetooth機器によっては、接続した機器側でも音量の調節が必要な場合があります。 本機は、音楽を聞くときの音量と通話するときの音量を、それぞれ調整することができます。通話中に音量を変えても、音楽再生時の音量は変わりません。使い終わるには1 送信側Bluetooth機器を操作して、Blu...
  • 22 .
    22 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)22 ヒント送信側Bluetooth機器によっては、本機で下記の操作を行うことにより、早戻し/早送りが可能になる場合があります。1 本機のPOWERボタンを約2秒間押し続け、電源を切る。2 本機のPOWERボタンとジョグスイッチ( )を約7秒間押し続ける。ランプ(青)が1回点滅します。なお、設定後に同じ操作を再度行うと、ランプ(青)が2回点滅し、この設定を解除できます。ご注意本機の音量操作で送信側Bluetooth機器の音量...
  • 23 .
    23 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)23通話するMICジョグスイッチマルチファンク ションボタンPOWERボタン機器の操作をはじめる前に、以下の点をご確認ください。– 携帯電話のBluetooth機能が有効になっている。– 本機とBluetooth対応携帯電話のペアリングが完了している。1 本機の電源が切れている状態で、POWERボタンを約2秒間押し続ける。ランプ(青)が2回点滅し、電源が入ります。電源が入ると、前回接続したBluetooth対応携帯電話へ自動的に接...
  • 24 .
    24 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)24 本機を操作して前回接続したBluetooth機器と接続する場合1 マルチファンクションボタンを押す。ランプ(青)が点滅し始め、5秒間接続動作を行います。ご注意本機で音楽を聞いているときは、マルチファンクションボタンでBluetooth接続操作を行うことはできません。電話をかけるには1 お使いの携帯電話のボタンを操作して電話をかける。本機から発信音が聞こえない場合は、マルチファンクションボタンを約2秒間押し続けます。 ヒン...
  • 25 .
    25 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)25使い終わるには1 Bluetooth対応携帯電話を操作して、Bluetooth接続を切断する。2 本機のPOWERボタンを約2秒間押し続ける。ランプ(青)が点灯し、電源が切れます。Bluetooth対応携帯電話を操作する – HFP、 HSP携帯電話との接続には、HFPまたはHSPのどちらかが使用されます。どちらのプロファイルが使われるかは、携帯電話によって異なり、対応する機能も異なります。お使いの携帯電話に付属の取扱説明書を...
  • 26 .
    26 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)26音楽再生中に通話をする音楽再生中に通話をするには、A2DPだけではなくHFPまたはHSPでのBluetooth接続も必要です。例えば、Bluetooth対応音楽プレーヤーで音楽を再生中にBluetooth対応携帯電話で通話をしたいときは、本機とお使いの携帯電話がHFPまたはHSPでBluetooth接続されている必要があります。次の手順で本機とお使いの機器をBluetooth接続しておきます。1 「通話する」(23ページ)の手...
  • 27 .
    27 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)27その他本機を廃棄する機器に内蔵されている充電式電池はリサイクルできます。この充電式電池の取り外しはお客様自身では行わず、「 ソニーの相談窓口」にご相談ください。(「 ソニーの相談窓口」の連絡先は最 終ページに記載されています。)
  • 28 .
    28 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)28使用上のご注意Bluetooth通信について Bluetooth無線技術ではおよそ10 m程度までの距離で通信できますが、障害物(人体、金属、壁など)や電波状態によって通信有効範囲は変動します。 本機のアンテナは、下記の図の点線で示した部分に内蔵されています。接続するBluetooth機器と本機のアンテナとの間に障害物が入らないようにすることで、Bluetooth通信の感度は向上します。 接続する機器のアンテナ部と、本機内...
  • 29 .
    29 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)29その他のご注意 湿気やほこり、油煙、湯気の多い場所、直射日光の当たる場所や停車中の車内などには置かないでください。故障の原因となります。 携帯電話でご使用の際、電波状況、場所の影響により、ご使用できない場合があります。 本機は、力を加えたり重さを加えたりしたまま長時間放置すると、変形してしまうおそれがあります。保管するときは、変形しないようにしてください。 落としたりぶつけたりなどの強いショックを与えないでください。...
  • 30 .
    30 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)30故障かな?と思ったら修理にお出しになる前に、再度の点検と、ホームページのサポート情報を確認してください。それでも正確に動作しないときは、お買い上げ店またはソニーサービス窓口、ソニーの相談窓口(裏表紙)にお問い合わせください。共通電源が入らない 本機を充電する。 充電中は電源を入れることができません。USBケーブルを本機からはずし、電源を入れる。ペアリングできない 本機とBluetooth機器をなるべく近付けてからペアリン...
  • 31 .
    31 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)31充電するとき充電できない USBケーブルが本機およびパソコンとしっかり接続されているか確認する。 パソコンの電源が入っているか確認する。 パソコンがスタンバイ(スリープ)、休止状態に入っていないことを確認する。充電時間が長い 本機とパソコンがUSBハブなどを経由せずに直接つながっているか確認する。本機がパソコンに認識されない USBケーブルがきちんとパソコンのUSBポートに接続されていない。USBケーブルを一 度はず...
  • 32 .
    32 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)32通話するとき通話相手の声が聞こえない 本機とBluetooth対応携帯電話の電源が入っているか確認する。 本機とBluetooth対応携帯電話がBluetooth接続されていない。 HFP、もしくはHSPでBluetooth接続をする。(23ページ参照) Bluetooth対応携帯電話の音声設定が、通話中に本機を使うようになっているか確認する。 本機の音量が小さすぎないか確認する。 Bluetooth対応携帯電話で音...
  • 33 .
    33 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)33保証書とアフターサービス保証書 この製品には保証書が添付されていますので、お買い上げの際お受け取りください。 所定事項の記入および記載内容をお確かめのうえ、大切に保存してください。 保証期間は、お買い上げ日より1年間です。アフターサービス調子が悪いときはまずチェックをこの説明書をもう一 度ご覧になってお調べください。それでも具合の悪いときはお買い上げ店またはソニーの相談窓口(裏表紙)にご相談ください。保証期間中の修理は保...
  • 34 .
    34 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)34主な仕様概要通信方式Bluetooth標準規格Ver. 2.1+EDR*1出力Bluetooth標準規格Power Class 2最 大通信距離見通し距離約10 m*2使用周波数帯域2.4 GHz 帯(2.4000 GHz – 2.4835 GHz)変調方式FHSS対応Bluetoothプロファイル*3A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)、AVRCP(Audio Video Re...
  • 35 .
    35 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)35ワイヤレスオーディオ レシーバー電源DC 3.7 V:内蔵リチウムイオン充電式電池最 大外形寸法(突起部含まず)約17.0 × 60.0 × 17.6 mm(幅/高さ/奥行き)質量約 20 gヘッドホン出力出力端子Φ3.5 mmステレオミニジャック 最 大出力18 mW+18 mW (16Ω)マイク部型式エレクトレットコンデンサー型指向特性全指向性有効周波数帯域100 – 4,000 Hz許容動作温度0~45 ℃USB充電のパ...
  • 36 .
    36 ページ目のマニュアル
    DRC-BT30/BT30P_J [JP] 4-156-247-01(1)ソニーの相談窓口のご案内本機についてご不明な点や技術的なご質問、故障と思われるときのご相談については、下記のお問い合わせ先をご利用ください。ホームページで調べるには AV 関連商品・アクセサリー カスタマーサポートへ (http://www.sony.co.jp/av-acc) Bluetoothアクセサリー商品に関する最 新サポート情報や、よくあるお問い合わせとその回答をご案内しています。電話・FAX でのお問い合わせは ソ...

この取扱説明書が関連付けられている製品

DRC-BT30の取扱説明書・マニュアル
DRC-BT30の取扱説明書・マニュアル
DRC-BT30Pの取扱説明書・マニュアル
DRC-BT30Pの取扱説明書・マニュアル
MDR-EX300SLの取扱説明書・マニュアル
MDR-EX300SLの取扱説明書・マニュアル