Gizport
1 回答
0
Share (facebook)
1502
view
全般

レクサスGS450Hハイブリッド、クラウンハイブリッド、と日産フーガ...

レクサスGS450Hハイブリッド、クラウンハイブリッド、と日産フーガハイブリッドではどちらが運転が楽しいですか?
フーガの方がハイブリッドによる重量アップは少なめでシンプルです。 燃費や走りの違いはありますか?
また違和感の無いほうはどちらですか?
Yahoo!知恵袋 2882日前
コメントする
お気に入り
2
質問者が選んだベストソリューション
一番楽しいのは,フーガハイブリッドです。では,少し詳しく説明いたします。

●燃費 (10-15モード燃費)
フーガHV(ハイブリッド)=19.0km/L
クラウンHV=15.8km/L
レクサスGS450h=14.2km/L

●EV走行モード
フーガHV = 約140km/hまで
クラウンHV,レクサスGS450h = 約60km/hまで

●モータ出力
フーガHV = 50kW (約68馬力)
クラウンHV,レクサスGS450h = 147kW (約200馬力)

●重量 (ベース車に比較して)
フーガHV = 1720~1760kg → 1860~1890kg (約125kg重量増加)
クラウンHV = 1600~1630kg → 1830~1840kg (約165kg重量増加)
レクサスGS450h = 1650kg → 1890kg (240kg重量増加)

●どうしてモータが小さいフーガHVの方が,燃費が良いのか?
重量差も原因のひとつですが,最大の要因は,ハイブリッド方式です。

フーガHVの構成:
エンジン = 第1クラッチ = モータ = 変速機 = 第2クラッチ = プロペラシャフト = デフ = 後輪(駆動輪)

1個のモータと2個のクラッチを使うため,「1モータ,2クラッチ方式」ともいいます。

レクサスGS450h(以下,クラウンHVと同じ方式なので,GSだけで比較します)の構成:
遊星ギアを動力分割機構として使い,次のようになっています
サンギア = 発電機
プラネタリーギア = エンジン
リングギア = モータ = 出力軸 → 駆動輪

これを模式的に添付図に示します。縦軸は回転数です。
左 = 発電機
中央やや左 = エンジン
右 = モータ = 駆動軸

つまりモータはエンジンや発電機の回転数に関係しています。モータの最大出力はエンジンの最高出力(最高回転数側)に設定されているため,低速時には,モータが最大出力を発揮できません。

●EVモード走行時のモータ出力
フーガHV = 50kW (モータ最大出力)
レクサスGS450h = 36kW (最大出力の約1/4)

10-15モード燃費のように低速が多い条件では,モータをどれだけ活用できるかで燃費が変わってきます。レクサス/トヨタの方式では,燃費が良くなりません。

●どうしてフーガHVはレクサスGS450hと同じ加速なのか?
フーガHVはレクサスGS450hの約1/3の出力のモータですが,やや負けています(0→60mph:米国仕様)。

フーガHV = 5.5秒
レクサスGS450h = 5.2秒

これは,エンジン出力が最大付近では,モータも最大出力になり,エンジンよりモータの方が回転数が低いところでトルクが大きいため,上記の差になります。

●総合出力
フーガHV = 345馬力
レクサスGS450h = 345馬力
と,まったく同じです。

●エンジン単体の出力
フーガHV = 306馬力/6800rpm 350Nm/5000rpm ~ かなりの高回転仕様
レクサスGS450h = 296馬力/6400rpm 367.5Nm/4800rpm ~ これも

●結論:乗って楽しいのは?
単純な加速は,上記のようにレクサスGS450hの方が,速いという結論です。しかし足回りや操舵感はやはり日産のシャシー設計の方が,上です。最近はハイブリッドや電気自動車などで,操縦安定性やエンジン本来の性能があまり顧みられませんが,やはり乗って楽しいのは,シャシーがしっかりし,反応性の良いエンジンのクルマです。決して電気モノではありません。
エンジン=モータの切り換えに伴う違和感はどちらもありません。

簡単ですが,ご参考になれば幸いです。
Yahoo!知恵袋 2876日前
シェア
 
コメントする
 

参考になったと評価
  このQ&Aは参考になりましたか?

Share (facebook)
その他の解決方法を知っていますか?
回答する
全般
591
Views
質問者が納得ハイブリットのセダンで10・15モード燃費ならこうなるはずです SAI 23.0km/l レクサスHS250h 23.0km/l フーガハイブリット 19.0km/l クラウンハイブリット 15.8km/l レクサスGS450h 14.2km/l レクサスLS600h 12.2km/l
2837日前view591
全般
376
Views
質問者が納得日産ディーラーにて注文できます。その後ディーラーに日産部品という会社から納品されるので、それを受け取ります。 フォレスターには残念ながらマッチングしません。
2889日前view376
全般
850
Views
質問者が納得一番楽しいのは,フーガハイブリッドです。では,少し詳しく説明いたします。 ●燃費 (10-15モード燃費) フーガHV(ハイブリッド)=19.0km/L クラウンHV=15.8km/L レクサスGS450h=14.2km/L ●EV走行モード フーガHV = 約140km/hまで クラウンHV,レクサスGS450h = 約60km/hまで ●モータ出力 フーガHV = 50kW (約68馬力) クラウンHV,レクサスGS450h = 147kW (約200馬力) ●重量 (ベース車に比較して) フー...
2882日前view850
全般
211
Views
質問者が納得>最新の日産フーガハイブリッドとトヨタプリウスのハイブリッドシステムは違うと聞きました。 はい、その通りです。 プリウスに代表されるトヨタのハイブリッドシステム(THSⅡ)は、「シリーズ・パラレル方式」もしくは「スプリット方式」と呼ばれるものです。 一方、フーガHVに採用されたのは、「パラレル方式」と呼ばれるものです。 システムの概要については、こちらで回答していますので、よろしければ参考にしてください。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_de...
3047日前view211
全般
232
Views
質問者が納得他の方の回答にもあるように、フーガHVのハイブリッドシステムは、トヨタから技術供与を受けたものではありません。 日産が北米専用モデルとして販売しているアルティマHVのハイブリッドシステム(エンジンは日産製)は、トヨタのカムリHV、SAI、レクサスHS250と同様のものを使っています。 ・トヨタ方式(THSⅡ) シリーズ・パラレル方式またはスプリット(動力分割)方式と呼ばれるもの。 エンジンからの動力を動力分割機構により分割(スプリット)し、発電機と駆動軸に振り分ける。 現在市販されているトヨタのHVは、す...
3054日前view232

取扱説明書・マニュアル

1709view
http://www.nissan.co.jp/.../manual_t00um1mg2a-all.pdf
もっと見る

関連製品のQ&A